サポート協会からのお知らせ

【作品募集】アールブリュット作品展2022 

2022年1月14日サポート協会からのお知らせ

サポート協会だより第3号

理事長あいさつ

理事長 中村伸二

青森県障害児者生活サポート協会
理 事 長  中 村 伸 二
(障がい者支援施設幸養苑施設長)

 令和2年4月より、新たに理事長に就任しました中村です。日頃より、当協会の運営等にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。おかげさまで当協会の加入者数が1600名を超えたと承っています。これもひとえに加入会員の皆様及び関係する施設の皆様のご協力によるものと深く感謝申し上げます。障がいのある方々にとって保険加入は難しい状況がありますが、入院や通院、第三者とのトラブル等のケースが発生すると思います。

そのような場合でも「生活サポート協会総合補償制度」による補償ができ、お役に立つことと思います。難しい案件や高額となる賠償事故等については、AIG・JICまでご相談下さい。

 また、令和2年度は掛金の改定がありました。Aプラン及びBプランの掛金のアップがあり、加入されている皆様にはご負担をかけましたが皆様のご協力とご理解をいただき、大きなトラブルもなく移行することができました。改めて深く御礼申し上げます。今後とも、AIG・JICと協力しながら皆様にとって役立つ制度として一層努力していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 当協会の活動に関して少し触れさせていただきます。令和元年度より広報誌の発行を開始し、令和3年度では加入者や施設関係者等の皆様が楽しめるよう今まで県福祉協会で担ってきた「チャレンジオンステージ」や「レクイベント」等の企画・実施を当協会が主体的に担う方向としました。少しでも皆様の生活をサポートし楽しめるよう活動していきたと思いますので、よろしくお願いします。また、県福祉協会では令和3年1月にホームページを開設しました。ホームページには、サポート協会の加入促進に向けた内容や広報等についても掲載する予定となっていますので是非ご覧ください。

 最後になりますが、私自身も娘と二人で生活しており、娘も保険に加入させていただいています。わが子も知的障害と精神的な障害を抱えているため、不安定となると破損行為等に波及する場面もあります。いろいろと負担がかかる中で、保険に加入していることでの安心感を実感しています。現在、コロナウイルス発症による様々な課題を抱える中、障がいの有無に関わらず誰しもが安心して生活していける環境=共生社会の充実を目指して取り組みたいと思いますので、今後ともご協力くださるようお願いします。

令和3年3月

青森県知的障害児者生活サポート協会役員名簿

(令和2年度~令和3年度)

No.役職氏 名施 設 名
1理事長中村 伸二幸養苑
2副理事長菊池 健弥放課後デイステーションEarth
3副理事長分枝 篤史妙光園
4副理事長黒川 雅美こぶし園
5監事成 文瑞りんどう苑
6監事坪 雅彦一誠園
7理事平川 大輔こどもサポートkinone
8理事源 明うみねこ学園
9理事前中 貴次ライフサポートあおば 
10理事沢田 竜志青森月見寮
11理事寺田 政史青松園
12理事今井 隆太カリフラワー
13理事今村 健月見野作業所
14理事林 美幸工房「歩み」
15理事伊瀬谷 秀史おおばこ作業所
16理事沼山 聡地域生活支援センターのぞみ
17理事福井 佳久外ヶ浜花NET
18理事石井 法広あくしす
19理事平田 聡子じょいん
20理事松尾 嘉則ふらわぁ

生活サポート総合補償制度について

補償に関するお問合せ先

担当代理店・扱者

株式会社ジェイアイシー 青森支店

〒030-0823 青森県青森市橋本2-13-5 青森大同生命ビル1F

TEL:017-721-6460 FAX:017-722-3018

受付時間:午前9時~午後5時(土・日・祝日・年末年始を除く)

加入に関するお問合せ先

事務局

青森県知的障害児者生活サポート協会

〒030-0822 青森県青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ2F
青森県社会福祉協議会内
TEL:017-723-1391 FAX:017-777-0015

受付時間:午前9時~午後5時(土・日・祝日・年末年始を除く)

【生活サポート総合補償制度・保険金お支払い事例】

☆例えば・・・こんな時にお役に立ちます。

(被保険者 3歳女の子)

心臓カテーテルの検査入院の為3日間入院して、家族が付添介護にあたった。

(内 容)

心疾患の検査入院にて3日入院(入院2日目より補償)

受取保険金
入院一時金6,000円
入院諸費用2,000円
付添介護保険金16,000円
差額ベッド費用6,000円
合計30,000円

(被保険者47歳女性)

歩行中に転倒し、左上腕骨骨折の為29日入院して、家族が付添介護にあたった。

(内 容)  

骨折により29日入院(入院2日目より補償)

受取保険金
入院一時金6,000円
入院諸費用28,000円
付添介護保険金224,000円
差額ベッド費用84,000円
合計342,000円

(被保険者42歳男性)

大きな音で突然パニックになり、施設職員ををたたいてメガネを破損させた。

(内 容)  施設職員のメガネを破損

受取保険金
個人賠償責任補償50,000円

アールブリュット作品募集のお知らせ

一般社団法人 全国知的障害児者生活サポート協会 【アールブリュット作品展】の応募作品を募集しています。

応募締め切りは4月20日(火)

応募方法はこちらから